チャートとローソク足

外国為替取引においてはチャートが使われますが、日本では伝統的にローソク足と呼ばれる手法が用いられます。

ローソク足には単位となる時間が決まっていて、この時間の最初の値段を始値と言い、最後の値段を終値と言います。

さらに、単位時間の中での最も高い値段を高値、最も低い値段を安値と言います。この4つの数字からローソク足を作ります。

ローソク足の外国為替チャートは、陽線と陰線のどちらかで構成されています。ローソク足の外国為替チャートで白か赤で描かれる陽線からは、単位時間の値動きが上昇する傾向にあったことが分かります。

外国為替のローソク足チャートで陰線とは、その時間の相場が下落方向に向かっていたことを示していて、通常黒または青で描かれます。

ローソク足には胴体と呼ばれる太い部分と、ヒゲと呼ばれる細い部分とがあります。ヒゲの部分が上に出ている場合は上ヒゲ、下ならば下ヒゲと呼ばれます。

このヒゲは、その長さであったり、どういうタイミングで出現したかといったことで、状況が変化するためにたいへん重要なサインとなります。

長く伸びる上ヒゲが出現した場合、相場が力を失って反落を始めるシグナルとなり、長く伸びる下髭が出現した場合、相場が持ち直して反騰し始めるシグナルとなるとされます。

胴体部分が一本の線になり、十の字のように見える場合、これをコマ足と言います。チャートを利用することで、外国為替の相場ではその流れを知ることができます。

このためチャートを読めるようになることが大切です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ