固定相場制と変動相場制

為替相場制度は今世界では変動相場制が採用されているといいます。変動相場制とは、外貨を需要と供給に応じて決定させる為替相場のことです。

外国為替市場での取引でという表現をします。すべての外国為替を取引するところを指しているもので、外国為替市場という場所が実際にあるわけではないのです。

固定相場制というのは変動相場制に対して、原則的に為替相場が固定化されているというものです。

今とは違い日本円はかつて1ドルが360円と決められた、固定相場制の国でした。

変動相場制は現在中央銀行の市場介入によって為替相場の操作を実施する場合もあるので、ある面から言うと厳密な変動相場制とは言い難いのです。

変動相場制によって国家間の通貨のバランスが調整されるため、外貨準備の過不足問題や、国内外の均衡を保てる効果があります。

投機のリスクが高い変動相場制は、為替投機を抑制する効果があります。逆にデメリットとしてあげられるのは、海外と取引を行っている企業のリスクが変動為替相場制にすることで拡大するというものです。

高い為替投機のリスクがあるので、それにより長期の国債投資が抑えられます。最近の変動為替相場制はそれぞれの国の貿易収支不均衡の問題など、さまざまな課題があるようです。

どうにか変動為替相場制を支えてるという状態で、何回も崩れかけていますが各国の協調介入などでどうにか調整しています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ