外国為替図表と低級ソク歩き

低級ソク足は日本でしばしば使われている他国為替の図表だ。こういう図表にはロットとなるタームが決められています。ロット間隔インナーの初めについた賃料を始個数、最後についた賃料を終値と呼びます。また、はじめロットとなるターム内でとりわけ高くなった集計を高額、とりわけ低い集計を安価と呼び、低級ソク足はこういう4つの集計をもとに構成されます。低級ソク足の他国為替図表は、陽線と陰線のどちらかで構成されています。低級ソク足による他国為替図表で陽線っていう症例、白か赤で表現されるのが普通で、そのタームの値幅が増加コースにかけていらっしゃることを示しています。低級ソク足による他国為替図表で陰線っていう症例、黒か青で表現されるのが普通で、そのタームの値幅が減少コースにかけて掛かることを示しています。低級ソクの形式をした図表の躯幹所から伸びる狭い線はヒゲと呼ばれます。上についているものを柄ヒゲ、下についているものを下ヒゲといいます。こんなヒゲが長いか少ないか、どの時点で出現したのか、といったことによって、相場の流れを観ることができます。長く現れる柄ヒゲが出現した症例、投機が力を失って反落を始める信号として、長く高まる後髭が出現した症例、投機が持ち直して反騰し始める信号となるとされます。低級ソク足がヒゲだけになり十文字のようになったものをコマ足と呼び、予想が見えない投機になっていることが分かります。このように、他国為替では図表を利用して相場のシチュエーションを見極めます。図表が大事だと言うことがおわかり下さるかと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ