為替相場の見通し

最近流行っているFXなどの外国通貨の取引ですが、為替相場の見通しが立てられない人には利益を上げることが難しいのが実情です。

いったいどのような方法で為替相場の見通しを立てれば良いのでしょうか。

為替相場が変動する要因はいろいろな要素が影響しています。為替相場の変動は、世界的な規模の要因によって起きています。

そのように言うと、見通しを立てるのは無理ではないかという意見がありそうですがそうでもありません。

日々のニュースをしっかり分析することである程度の見通しを建てることは可能です。

為替相場の見通しを立てるためにチェックしておきたいのが国際情勢です。大規模な戦争やテロが起こると為替は変動します。

日本でも先の震災が発生した際には大きな為替の変動がありました。主にテロや震災などの大きな事件が発生した国の通貨が売られ始めて一方の通貨の相場が上昇します。

経済情勢も、為替の変動に関わっています。好景気の国は投資のために外貨が多く入りますので通過の価値が上がり、結果的に円高になります。

為替相場の見通しには貿易収支も判断材料になります。輸出が輸入を上回り貿易黒字が増大するような局面になった場合、国の外から代金としての外貨が流入します。

その国が日本なら、円高ドル安に相場が動いていくという見通しが立ちます。金利も為替相場に影響を与えます。

日本の金利が他国よりも高ければ円の価値はあがりますので、円高になると見通しを立てられます。

中央銀行の介入も桁違いの金額が投入されますので相場が変動します。経済ニュースをいつもチェックしておくことが為替相場の見通しを立てるには重要なことだといえるでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ