美容皮膚科で治療を受けて

美容皮膚科で治療を受けて、若返りをはかることが可能です。美容外科的な若返り治療は主に大きいしわを治療するのに対し、美容皮膚科的治療では小じわやちりめんじわなどの小さめのしわを治療します。新生する皮膚によって今までのしわを目立たなくするという、スキンリサーフェシングという方法があります。若返り治療では皮膚を削ります。削る方法としては、アブレージョンといい電気やすりで削る方法、レーザーで削る方法があります。ケミカルピーリングといい酸などの化学薬品で削る方法もあるようです。皮膚にレチノイン酸を塗ることで、若返りの治療を行うというやり方もあります。年齢を重ねることにより、しみは増えますし、しみがぶち模様になることもあります。皮膚は張りを失い、色も黄ばんできます。どんなしみになるかは、個人差があります。しみができた部分が盛りあがるのであれば、レーザーや液体窒素で取り除くという方法が有効です。一般的な平たいしみは、レチノイン酸などの外用剤で治療します。ハイドロキノンやコウジ酸などの漂白作用のある外用剤を併用して色素沈着をとり、若返り治療を施します。老人性のしみであれば、専用のレーザーを使用して若返り治療をする場合もあります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ