背中に蓄積されているぜい肉をストレッチなどで取り除いてしまうこと

背中ダイエットは、背中に蓄積されているぜい肉をストレッチなどで取り除いてしまうことです。本来、引き締まった背中にはS字のくびれができるものですが、中年になるにつれ、段々と背中はたるんでくるものです。自宅で簡単にできる背中のダイエット方法はないのでしょうか。おすすめなのがタオルを使って行う肩甲骨ストレッチで、背中の贅肉をすっきりと落とすことができます。新陳代謝が上がり、姿勢もよくなることから、背中のストレッチは背中ダイエット効果以上にきれいな背中になるでしょう。右手と左手はそれぞれタオルのはじを持ち、頭上に上げます。このストレッチは、イスに座った状態で行うことができます。息を吐きながら、肘を曲げてタオルを肩くらいの高さにおろします。10回くらい上げ下げすることで効率的な運動ができます。肩甲骨を動かす背中ダイエットは冷え症の対策にもなります。冷え症が解消されればダイエットにも効果があります。背中のダイエットをしたいと思ったらまず肩甲骨ストレッチを3週間ほど続けてみましょう。5分の時間がつくれれば、毎朝のダイエットが可能です。くびれの美しい、引き締まった背中になるために、背中ダイエット効果のあるストレッチを毎朝続ける習慣をつけていきましょう。 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ